スポンサードリンク

団塊世代のキーワードは、田舎暮らしか。

総務省の移住体験ツアー 調査
日本総合研究所(東京)は、総務省の受託事業として八月末にも始める「都市から地方への移住・交流の促進に関する調査」について説明。道内では来年一月まで、団塊世代を対象に首都圏などで募集した移住希望者を、モニターとして全道各地で受け入れる。道南地方四十組を含め全道で百組の受け入れを目指し、受け入れ窓口は北海道コンシェルジュが担う。
(北海道新聞より)

京都府では、田舎暮らし専門の相談窓口が2005年11月に農業会議内に、農林水産業への新規就職の相談窓口が今年4月に京都市南区の京都テルサ内に、それぞれ開設された。

 05年11月以降、田舎暮らしの相談は延べ約400件、就農相談は約1200件に上り、府農業会議の平尾幸一農政課長は「『京都』と『田舎暮らし』のイメージが、他地域の人からは結び付きにくい傾向もある。京都の農村で多様な人が、輝いた第二の人生を送っていることを知ってもらいたい」と話している。

 「京の田舎暮らし百人百相」のHPは、府農業会議のHPから接続できる。アドレスはhttp://www.agr-k.or.jp/
posted by dannkai at 12:28 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。