スポンサードリンク

よくわからない、地方移住支援の縦割り行政

団塊の世代が、いっせいに大量退職にあたり、地方移住化がにわかに脚光を浴びている。当然のことながら、国や、地方自治体も、共通認識の基に支援に乗り出したが、総務省自治行政局過疎対策室では、全国各地の自治体と協力して、移住のノウハウなどの情報を提供している。
地方自治体が熱心に取り組んでいるのが、「IJU(移住)ターン」である。
それに対して国土交通省では、UJI支援サイトhttp://www.ujiturn.net/を通じて、関連情報を提供している。
総務省側では、IJU(移住)ターン、国土交通省側では、UJIターンと呼び名が違うが、Iターン、Jターン、Uターンの組み合わせには変わりはないようだ。せめて、呼名ぐらい、統一できないものだろうか。
ちなみに、Iターンとは、 出身地にかかわらず、住みたい地域を選択し移り住むこと。Jターンとは、出身地から地域外へ進学や就職して都会に出た後、出身地の近隣地域に戻るUターンとは、出身地から地域外へ進学や就職して都会に出た後、出身地に戻ること。


posted by dannkai at 17:20 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。